メーカー名
トミーテック
商品説明

JRN700系新幹線は2005年度に登場し、量産先行試作車は各種試験を行ってきました。量産車は2007年7月1日より営業運転を開始、東京-新大阪間を初めて2時間30分を切り2時間25分で結びました。[92317]増結セットC、増結用5両セット (2・7・12・13・15号車)、フライホイール付新型動力ユニット採用。、「N700」ロゴマーク印刷済み、グレードアップ用転写シート付属[各セット共通]、新型可動幌装備、新開発のフック・リング通電カプラー装備予定、Z0編成をプロトタイプとする、カラーシート採用。、号車番号印刷済み、車番印刷済み[セット内容]点検窓ランナー×1、取付け用治具×1、動力台車取り付け補助棒×1、グレードアップ用転写シート×1

【予約】 TOMIX Nゲージ 92317 N700東海道・山陽 (Z0) 増結セットC (5両) 【北海道・九州は300円、沖縄は1300円別途料金が加算されます】-電車

【予約】 TOMIX Nゲージ 92317 N700東海道・山陽 (Z0) 増結セットC (5両) 【北海道・九州は300円、沖縄は1300円別途料金が加算されます】-電車

【予約】 TOMIX Nゲージ 92317 N700東海道・山陽 (Z0) 増結セットC (5両) 【北海道・九州は300円、沖縄は1300円別途料金が加算されます】-電車

【予約】 TOMIX Nゲージ 92317 N700東海道・山陽 (Z0) 増結セットC (5両) 【北海道・九州は300円、沖縄は1300円別途料金が加算されます】-電車

アマゾン検索

ニュース Topics

最新ニュース

[鉄道模型]トミックス (Nゲージ) 98976 JR E231-500系通勤電車 (山手線・初期型) セット (11両)【限定品】 『Red Bull 5G 2016』全5つの競技ゲーム決定、オンライン予選の出場登録開始

Red Bull 5G 2016

日本のゲーミング界に翼を授けるゲームトーナメント『Red Bull 5G 2016』の全競技ゲームタイトル、スケジュールが発表されました。

Red Bull 5G 2016

京成3000形 3002編成 検測装置 6両セット 【マイクロエース・A7332】「鉄道模型 Nゲージ MICROACE」

Red Bull 5G 採用競技ゲーム

2016年

eスポーツタイトルとしての展開に力を入れる『Rocket League』が新規タイトルとして、FREEジャンルに採用されています。

RACING部門のタイトルがこれまでのGran Turismoシリーズから初採用の『PROJECT CARS PERFECT EDITION』に変更されました。

近鉄22600系Ace(新塗装)2両編成セット(動力付き) 【グリーンマックス・30746】「鉄道模型 Nゲージ GREENMAX」

【予約】 TOMIX Nゲージ 92317 N700東海道・山陽 (Z0) 増結セットC (5両) 【北海道・九州は300円、沖縄は1300円別途料金が加算されます】-電車

西地区代表決定戦

Finals

Finalsの会場公式サイトを見てみたところ、Red Bull 5Gの定番である円形ステージにピッタリなレイアウトとなっていました。

今年はイギリスでも『Red Bull 5G』が開催されることが発表されており、競技ゲームは3つが同じもので、予選は『ESL』のプラットフォームを使用して行なわれます。

ロクハン Zゲージ 24系25型 エルム 7両基本セット

情報元

関連ニュース

【予約】 TOMIX Nゲージ 92317 N700東海道・山陽 (Z0) 増結セットC (5両) 【北海道・九州は300円、沖縄は1300円別途料金が加算されます】-電車

次のページへ >>

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

注目ニュースランキング

【予約】 TOMIX Nゲージ 92317 N700東海道・山陽 (Z0) 増結セットC (5両) 【北海道・九州は300円、沖縄は1300円別途料金が加算されます】-電車

スカウト登録